« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

感激一杯 日本食

Feb_20_026_1 これはアメリカで売っているお米。

ハワイで私の勤める大学で、色々な国の人達に混ざって英語で頑張って勉強している日本人生徒が2人いる。毎日英語だけの世界で、しかも食べ物は西洋料理が中心。

私も高校時代、3年間シアトルで、毎日アメリカの食事で、言葉も自由に通じなく、とっても大変だった。

言葉は自由に喋れるようになっても、心がどうしても通じなく、孤独に感じた。

高校3年生の時、3年目にしてようやく、言葉以外に文化と価値観という大きな違いある事にやっと気づいた。頭では解っていたけれど、実際にどれだけ、どこまで違うのか、実感しなければわからなかった。

Feb_20_033 今日は、ハワイで頑張っている2人の日本人学生を部屋に招いて、日本食を食べる。

ちゃんとしたキッチンがないので少し、大変。

あるのは電気のホットプレートのようなお鍋とオーブントースター。

これは揚げ出し豆腐。

Feb_20_034 肉じゃが。

実は食べだしてから、写真を撮ったのでみんな食べかけ。

失礼。

ジャガイモにもちゃんと味がとおった。

Feb_20_035 お友達のご注文の品。親子丼。

他の物もご飯と一緒に食べれるよう、ご飯には乗せていない。

卵は? ちょっと柔らかすぎた。消えてしまった。

お肉も柔らかい。

Feb_20_036 オクラを刻んだのに

ただかつお節とねぎとだしをかけただけ。

シンプルだけど大好き

ハワイはちなみに今も夏ですので夏野菜です。

Feb_20_037 豚汁

中身は、豆腐、大根、ゴボウ、人参、玉ねぎ、わかめ、

だしは煮干と干しシイタケと昆布

味噌は韓国人の友達にもらった韓国の味噌。日本の何年も良く寝かせたコクと深みのある、とっても美味しい。

Feb_20_038キンピラゴボウ。

ハワイのコナにあるKTAというスーパーは日系人が経営していて、ゴボウや、時にはレンコンなども手に入る。

今度引っ越した寮からは歩いてゆける距離。

昔は大っ嫌いだったごぼう。今は大好き。

Feb_20_043_1 そして最後はアワビ。

アワビについて詳しくは前の記事をご覧ください。

アワビ以外は全部、いわゆるフツーのフツーの日本食。

でも、私達3人は、特にしばらく日本に帰っていない学生2人はとっても感動しながら食べた。

山のように作ったので、余るからお土産におりで持たせたらいいな、と思ったら、なんとほとんどペロリと食べてしまいました。

よく、家ではお父さんが山のようにご馳走を作って、最後のお決まりの文句がある。

「食べちゃったねー。 作りすぎたと思ったけど、食べちゃったねー」 

これを関西弁のトーンでいう。

この日思わず私もこの台詞を言ってしまった。

いわゆる普通の日本食。この辺の日本食レストランではおいていない。

3人でムシャムシャ、ペチャクチャと、最後のお茶と日本から持って帰って来たお茶の羊羹まで、4時間近くも話がもりあがった。

内容は、やはり異文化、歴史問題、よく世界でモテテしまう日本女性の話。みんなよく追いかけられて困る。でもなぜか私はまだ独身。うーーーん。???

とにかく、日本食が食べれる事。

日本語でおしゃべりできる事。

とーーっても大満足した一時でした。

私はしばらくまた出張でいないけど、頑張ってね。また帰ってきたら餃子でも作って食べようか。

明後日から私は3週間出張で、太平洋のど真ん中、赤道直下のキリバス共和国へ水のプロジェクトで出かけていない。

キリバス共和国にある、一つの島に行く。そこは人口約2000人の小さなサンゴ礁でできた島。そこで雨水を貯めるタンク作りと、井戸の蓋の取り付けと、飲み水の安全率を調べに行く。 そこの食べ物はお米、魚、バナナ、ココナッツ、たろ芋、カニ、ロブスター!!!だそうです。 

インターネットはまったくつながらないので、連絡はとれません。ブログもしばらくお休み。

あしからず。

ではみなさん、キリバス共和国でも、沢山宝を探しに行ってきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高級料理 vs 美味しい物

Feb_20_022 ハワイ島でアワビの養殖をやっていると聞いていたけれどなんとスーパーで見つけてしまいました。

一パック$7.20、 小さいのが11個入り。

英語でアワビはAbalone

早速、ロスにいる寿司職人の妹に電話をし食べ方を聞く

Feb_20_031 身を殻からはがすとやっぱりアワビだ。

真珠はない。

そういえばハワイは真珠の産地で形の悪い真珠のネックレスは1000円くらいで売っている。

だからアワビの養殖をやっているんだ。

Feb_20_043 醤油とお酒をたらして、グリルが無い代わりに、オーブントースターで焼いて、生姜とねぎをのせる。

本当は妹のレシピだとバターにニンニクだけど無かったので変えた。

うーん、ジュウジュウ焼けた。

友達を日本人の学生二人を呼んで一緒に食べる。

お味は?

美味しい。 美味しい。

でも日本で一つ数千円も出しては買わない。

昔、確か小学校の時、お父さんがキュウイフルーツを買ってきた。

当時日本ではまだ、キュウイフルーツはまだ珍しい果物だった。

高かったのだろう。 

たった一つだけ買ってきて、家族6人で6当分して食べた。

生まれて初めて食べた味。しかも一口だけ。

じっくり味わって食べた。

もっと食べたーい。 

山ほど食べたーい。

大きくなってお金持ちになって、キュウイフルーツを山ほど食べよう!なんて思ったかな?

大きくなって、お金持ちではないけれど、良い近所もちになった。

近所のおじさんの家には大きな良くなるキュウイフルーツの木、というかツルがある。

毎年山のようになり、スーパーの袋に一杯にしてくれる。

毎日たらふくキュウイフルーツを食べる。

毎日食べる。

まだある。

今日も食べる。

うーーーん。 あの小学校の時の感動はどこへ行ってしまったのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近の朝ごはん:免疫力UP

Feb_20_004 最近、キャンパスから離れた寮に引っ越した。

カフェテリアまで朝食へわざわざ行くのは大変なので、自分で朝食を用意するようになった。

忙しい朝でもてっとり早く、あるもので、でも健康を気をつけて。

メニューはアボカドに塩と酢をかけた物。

ご飯に梅干しと、ヒマワリの種を少しふりかけた物。

カップにシジミの味噌汁。

バナナとハワイの柑橘類(名前がわからない)とヨーグルトのミックスジュース。

アボカドはもらったもの。バナナはカフェテリアから持ってきたもの。味噌汁は日本から持って帰ってきたインスタント。

まー簡単だけど、栄養満点だよ。抜くよりは絶対にいい。

しかも準備時間3分。

ちなみに私は朝食は絶対に抜けれない。

昼食も夕食もだけど。

今度太平洋のど真ん中、赤道直下のキリバス共和国への水のプロジェクトで出張する。

医者のいない、また病院のある島へのアクセスは2週間に一回しかない所なので、免疫力を高める事に、この1ヶ月間は特に気を付けた。

バランスの取れた食事。

週3回、海での遠泳、でも適度に頑張りすぎずに。

ストレスをためないよう「鈍感力」を発揮する。 これは今日MSNニュースで読んだ小泉元首相の言葉から。

一人の時間を大切に有意義にリラックスして過ごす事。

頑張りすぎず、無理な事は無理しない事。

などでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイの花:ジャンボチューリップ?ではないよ

Feb_13th_015 珍しい日本では見ない植物。

一見チューリップのように見えるけれど

そうではありません。 

ここではよく見ます。

これはつぼみ。

では

数日後どうなるか

見てみましょう。

Feb_20_009 ジャジャーン。

みごと

まるで花火のよう。

一つのつぼみから、沢山の花。

一つの花をアップで撮ると。

Feb_20_012 結構可憐で可愛い花。

でもこの植物

全体で見ると全然可憐ではない。

全体像は

Feb_20_015 ジャジャーン!

なんと高さ1メートル以上あります。

これは何という名の植物なのでしょう。

色は他にも赤みのかかったものもある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャンボなアメリカンサイズ

Feb_13th_004なんでアイスクリームがこんなに大きいの!

これは「マッドパイ」と呼ばれるアイスクリームのケーキです。日本語の直訳で「泥パイ」

このコナ付近では、色々なお店がこのマッドパイを出しています。

このお店、ホゴスは初めてお友達に連れていってもらいました。アイスクリームはマカデミアンナッツのアイスクリーム。

近くのババガンプスはスニッカーズアイスクリーム。 別のコナイン レストランはコーヒーアイス。でも結構小さい。

こんな大きいのを一人では食べませんよもちろん。 

普通、お友達3, 4人で一つを食べます。それでも結構あるよ。

英語の言い方で「足が空洞なの?」

食べた物がどこに入るの?と良く聞かれるほど、良く食べる事で知られる私だけれど、さすがにこれは、大きかった。

大きかった。

Martins_celest_pic_035 Imgp0541_1

右下ははババガンプのスニッカーズのマッドパイ。

一緒に食べた2人が早くも脱落。

一人でほとんど食べた。 やっと食べ終わりました。

左上ははコナイン レストランのコーヒー味のマッドパイ。

他と比べると小さくて、こんなの序の口よ。 

ちなみに、同じ服を着ているけれど、決して同じ日にハシゴしたのではありません。

あしからず。

| | コメント (2)

世界に注目される日本の美意識

Japan_2007_new_year_380 私の働く大学の人類社会学学部の学部長さんは大の日本びいき。

「日本人の美意識は世界でも非常にまれでユニーク。日本人ほど美意識に富んだ国はない、」

とおっしゃられる。

博士の好きな俳句は

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

博士の日本研究によく付き合わされ、日本の侘び寂意識について良く話し合う。

素朴なものに美を感じる。 

静けさの中に無数の音を心で聞き取る。

朽ちてゆくものに尊さを感じる。

もっと日本の素晴らしさを私も改めて認識したい。

もっと日本の良さを、世界中の人たちに知っていただきたい。

歴史では色々な事があったけれども、素晴らしいものを持っている事には変わりない。

こんな日本に、日本人として生まれて来て、本当に良かった。

写真は日本の山奥に咲いていた椿。 多分藪椿。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ただいまハワイ

Dsc00016 8週間の日本滞在を終え、

帰って来たコナ、ハワイ

実はデジカメをパソコンにつなぐコードを日本に持って行くのを忘れてしまい、日本ではほとんどブログを更新しなかった。 

2月21日には太平洋のど真ん中、赤道直下にあるキリバス共和国にある離れ小島へ雨水を貯めるタンクを作りに3週間出かける。

その島には医者がいなく、外部との交通も3週間に一回だけの船。

「もしもの事も考えて、両親に承諾してください。」

リーダーに言われた。

私の両親もとんでもない娘を持ってしまったようだ。

まー後は、神様に無事をお祈りするだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七不思議

Japan_2007_new_year_186 長野県のある町。

用事でよったのだけれど、

もの凄い、不思議な、不思議なものを発見してしまった。

看板はラーメン屋さん。

外には良く、工事現場やイベント会場で見かける

トイレ

でも良ーく見てみると

Japan_2007_new_year_187

社長室????????

トイレが社長室???????

本当に不思議だ。

ラーメン屋さんは、つぶれているようだ。

やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の充電

Japan_2007_new_year_075 心を亡くすと書いて忙しい、というのは良く言ったもんだ。 でも本当に忙しく沢山の事をしなくてはいけない時に、心を亡くさなくいるには、工夫と努力が必要だ。

2月1日まで日本に8週間滞在した。 本当はもっとゆっくりしようと思っていたけれど、結局忙しくなってしまった。 

でもそんな中、私の重電方法がある。 

それは、一人で山や自然の中を歩く事。 

静かに、山を歩きながら耳を傾ける。

風にそよそよとなびく、木々の音。

小川を流れる水の音。

鳥の鳴き声。

鼻で大きく深呼吸をすると、木々のいい匂いがしてくる。 ん?杉の匂いかな? 

花粉症の人では大変だ。Japan_2007_new_year_083_1

日本は世界でも数少ない、女の子が一人で山歩きの出来る、安全な国。

夏ならば日本アルプスを、大きなリュックを持って歩きまわるのだけれど、今年は冬山は、吹雪で遭難者続出。 残念だけどあきらめて、近所の山を歩き回った。 12月、1月だけど、まだ木々は青々としていた。

ハワイも良いところだけれど、日本も本当に本当に良い所だ。 

  Japan_2007_new_year_417

1時間ほど山を登る。

色々な考え事も山歩きをしながらだとすっきりまとまる。

体も軽く、気持がいい。

頂上についた。

Japan_2007_new_year_435

アー、美味しい!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »